Message採用メッセージ

同じ夢を追いかける仲間とともに、自動車産業に貢献する

代表取締役社長松田 安正

自動車産業の変革期に斬り込むアネブル

今、自動車産業は100年に一度の大変革期にさしかかっていると言われています。われわれは2002年の創業時から自動車のパワートレーンの開発業務を受託するビジネスを目指してまいりました。当時日本では海外(特に欧州)の自動車産業と構造が異なっていることから、われわれのビジネスモデルはユニークなものと言われていましたが、いずれグローバル・マーケットにおける国際競争が激化する中で必要とされる事業になるとの認識のもとに、エンジン試験設備に投資をしながら設計・試作の経験を積み、エキスペリメンタル・エンジニアリングを推進できる人材の育成を進めてまいりました。まさにこの変革期こそわれわれの出番です。

代表取締役社長 松田 安正c

モータースポーツ向けサービスも、幅広く展開

同時に日本のモータースポーツ活動に寄与することと頂点技術分野で技術蓄積をしたいとの思いから、欧州のパーツサプライヤーとのパートナー契約を結び、サーキットレースをはじめとしたあらゆるモータースポーツ活動に部品供給とテクニカルサービスを提供しています。

代表取締役社長 松田 安正

国際的に活躍できるエンジニアを育てる

若者の自動車離れが進んでいるとの報道がありますが、まだまだ自動車に魅力を持っている若者は大勢います。一緒に技術を磨き国際的に通用するエンジニアを育てることで日本の自動車産業に貢献することがアネブルの夢です。一緒に夢を追いかける人に入社していただきたいと願っています。