MESSAGE

人事責任者メッセージ

技術力で仕事を選べる時代に
アウトソーシングテクノロジーで叶える
キャリアステップとは
人財戦略本部 本部長山根 弘行

社会人としてのファーストステップをどのように選択するのか。卒業をひかえた学生にとっての、永遠の悩みではないでしょうか。
就職活動でいろんな情報に接していると基準があいまいになりがちですが、これから先のキャリアをどのように積み重ねていくのか、中長期的に捉えて選択することが大切です。

選択肢の幅が広いという強み

アウトソーシングテクノロジーには、機械・IT・建設・医薬、また教育も含めたあらゆるセグメントを網羅したグループ会社があります。分野がたくさんあるからこそ、エンジニアが選択できるキャリアの幅も広く、アウトソーシング業界では、グループに在籍するエンジニア数が最も多い会社となっています。

しかし、ただ単にセグメントの幅が広いだけでは、所属するエンジニアにとっていい会社とはいえません。お客様に求められる技術を保有していなければ、エンジニア本人が希望してもその分野の仕事につくことは難しいからです。

グループの教育機関「KENスクール」は、所属エンジニアが次のステップへ上がるための学びの場。また、「こういうエンジニアが欲しい」というお客様のニーズにあった技術力が身につけられるように、研修を開発する機関でもあります。
エンジニアが活躍していける土台を、お客様と一緒につくり上げていく。そうすることによって、社会に求められるエンジニアを数多く輩出することができる。これが我々ならではの強みだと感じています。

アウトソーシングテクノロジーで描けるキャリア

エンジニアのキャリアは分野によってさまざまですが、関わる業界や企業の文化によっても全く変わってきます。求められる技術力がマッチした企業であっても、その企業の文化があわないということは起こります。アウトソーシングテクノロジーの場合、エンジニアの能力はもちろんですが、個性や関心によって仕事を選ぶことが可能。
しっかりとした技術力を身につけたエンジニアであれば、いろんな企業を見極めながら、自分の技術に合う場所を見つけ、どういう文化やどういう人と働きたいかを自分で選び取ることができるのです。

また、企業からお声かけいただき、転籍をするというキャリアもあります。名立たる企業と取引をしている我々だからこそ、新卒で入社するのは難しい企業でも、経験を積んだ上で技術力を活かして転籍ができる。いわゆる“正社員インターシップ”ができるのも、アウトソーシングテクノロジーで歩めるキャリアのひとつです。
エンジニアとして“どう働くか”の選択肢は無限にあると言っても過言ではありません。

新卒採用への想い 学生へのメッセージ

ここ数年で社会も大きく変革し、もう企業に属する時代ではなく、働く人が主体的になってキャリアを描ける時代となりました。働き方も多岐に渡り、その自由度はさらに進化していくことが予想されています。
主体的にキャリアを選択するためには、皆さんのそれぞれの価値観を大切に、どこで自分のスキルを磨いていくかという観点で会社を選んでいくことが重要です。

世間で言われている、年収が高そう、福利厚生が良さそう、そういった“良いとされている企業”に勤めるという感覚よりも、自分がどういうときにモチベーションが上がったのか、どんなことにやりがいに感じるのか、これから何を大事にしていきたいのかということを自己分析してみてください。その先に、自分がファーストキャリアとして選ぶべき会社が見つかるはずです。

皆さんが自分らしくキャリアを実現するために、“はたらく”ことを、革新させたい。
これからもコーポレートミッションである「WORKS INNOVATION COMPANY」を目指していきます。
ぜひ、アウトソーシングテクノロジーで、あなたのエンジニアとしてのファーストステップを歩んでください。
社会の“はたらく”を一緒に革新していきましょう。