Environment働く環境

一人前のエンジニアに育てる、
研修やサポート体制を
ご紹介します。

研修体制

[Point1]ビジネススキルやITの基礎知識から習得できます

新入社員研修は、社会人としての基本を身につけるところからスタート。
未経験からでも活躍できる、ビジネススキルを身につけたエンジニアを育成します。

ビジネススキル
ビジネススキルビジネススキル

身だしなみ、言葉遣い、指示の受け方・仕事への取り組み方、電話応対やビジネスメールの基本など

IT基礎知識
IT基礎知識IT基礎知識

コンピュータの基礎、Webアプリケーションの仕組み、インターネット通信の仕組み、Word・Excelでの書類作成など

[Point2]自分が興味のある分野を選んで専門技術を習得

研修コースは2種類。自分が習得したい分野を選んでください。

開発系(SE・プログラマー)
開発系(SE・プログラマー)開発系(SE・プログラマー)

Javaというプログラミング言語を用いて、Webアプリケーションを構築する技術を習得します。
関連技術として、ネットワーク通信とデータベースの基礎知識も学びます。

研修例
ネットワーク基礎 ⇒ データベース(SQL) ⇒ Java基礎 ⇒ HTML ⇒ Webアプリ構築
インフラ系(ネットワークエンジニア)
インフラ系(ネットワークエンジニア) インフラ系(ネットワークエンジニア)

最初は座学でネットワーク通信の仕組みや機材の種類を学び、基礎を理解できたら、実際に機器を操作しながらネットワーク構築をしていきます。
Linuxというサーバーの操作方法も学びます。

研修例
ネットワーク技術(CCNA) ⇒ ネットワーク構築演習 ⇒ Linuxの基礎コマンド

プロジェクト例

「ものづくりの楽しさ」「社会を支えるやりがい」など、エンジニアとして存分に楽しさを感じられるITプロジェクトがたくさん。
未経験から1歩ずつ、いろいろな経験を通じて成長してください。

  • スマホゲームアプリのテスト・リリース作業
  • 会員登録・予約・決済管理システムの開発
  • コールセンター向けシステムの開発
  • インターネットサービス企業での社内ヘルプデスク
  • ネットワークサービスおよびセキュリティサービスの運用サポート
  • 通信回線の障害検知・復旧作業
  • 新システム導入における不具合・影響調査 など

定例会や社内イベント

2018年1月に株式会社シンクスバンクからITエンジニア部門が分社・独立。
急成長している当社では、新たな取り組みや実績が盛りだくさん!
普段違う配属先で働いているメンバーでも、定期的に自社に集まれる機会を設けています。

例例会

定例会(帰社日)

2~3ヶ月に一度の、同期との交流を深める勉強会や交流会、半年に1度の、会社の取り組みや業績を報告する業績報告会など

社内イベント(自由参加制)

忘年会、新年会、お花見、BBQ、屋形船など

資格取得支援制度

資格取得支援制度は、社員の声から実現した制度です。
技術系の資格を中心に、資格取得した際に受験費用と合格祝い金を支給することで資格取得を推進・支援しています。

例)
TOEIC(600点~729点):
10,000円(受験費用4,155円+お祝い金5,000円)
ITパスポート試験(IP):
11,000円(受験費用5,700円+お祝い金5,000円)
CCNA:
49,000円(受験費用38,880円+お祝い金10,000円)
JAVA SE Silver:
37,000円(受験費用26,600円+お祝い金10,000円)など

キャリアカウンセリング

月1回は人事担当、営業担当と面談をし、自分のやりたいことや会社への要望などを、話し合う場を設けています。
キャリアビジョンが明確ではなくても、話してアドバイスを受けることで、自身の方向性や興味のある分野が見えてくるという方が多いです。
長く活躍してほしいからこそ、フォロー体制はしっかりと構築しています。

キャリアカウンセリング