Message採用メッセージ

“教えること”を通じて、自分自身も成長を続ける

取締役田中 英夫

自分の人生を活かす「教育」という仕事

教育事業とは、自身の人生経験を活かすことができる仕事です。専門的な技術を教える必要がある中では「たとえ話」をする機会も多くありますが、生徒と共通の経験を授業の「たとえ話」に混ぜこんで話すことで、生徒の授業理解を促進することができます。つまり、自分の人生の幅がたとえ話の幅に繋がってくるのです。
100人いたら100通りの人生があり、1人1人の生徒との共通点を見つけ、その人の人生を理解することが大切です。人が人に教える仕組みは、一辺倒な教え方、学び方といった答えはなく、つまるところ「教育はなまものである」という感覚を身につけることができるのです。

取締役 田中 英夫明

多くのキャリアパスがあるシンクスバンク

変化の多い現代では働きながら自分自身が成長し、そのために学んでいく必要があります。私たちの仕事は、受講者の学習目的や人生経験を共有することで、教えながらも実は受講者から学ぶことも多くあります。教えることを通じて学び、成長し続けることができる仕事です。
そして、私たちの会社には教育という枠の中で様々な職種があるので、たとえば、講師・営業・技術者(エンジニア)といったように社内でのキャリアチェンジも可能です。そういった様々な職種を経験している人が多く在籍していることも、シンクスバンクの特徴です。

取締役 田中 英夫明

たくさん経験し、感動し、次のステージへ進んでほしい

今まで勉強、部活、バイトなど、一生懸命何かに打ち込んできた人、そしてこれからも、その努力を忘れない人と一緒に仕事がしたいです。
シンクスバンクの中に、人を育成する土台はあります。さらに自分の働く場所である、KENスクールで勉強することもできるため、技術的な部分は自分で補足しながら成長していくことができます。
1年後の今頃はネクタイを締めて仕事をしていると思いますが、今、やり残していることがあれば、ぜひ挑戦してください。いろいろなものに触れて、遊んで、たくさん感動してください。後悔無く、次のステージに進みましょう。